ホーム > 一次資料アーカイブ(Primary Sources) > 王立国際問題研究所〈チャタムハウス〉文書・演説集成

 

Chatham House Online Archive

王立国際問題研究所〈チャタムハウス〉文書・演説集成(Chatham House Online Archive)は、イギリスの王立国際問題研究所、通称〈チャタムハウス〉の1920年創設から2008年までの刊行物、未刊行資料、会議議事録、音声資料等をデジタル化して提供するデータベース・シリーズです。年代別の第1部:1920-1979第2部:1980-2008の2部から構成されます。

世界最高クラスのシンクタンク
1919年、第一次大戦の講和会議がパリで開催された際、将来の戦争回避のために国際問題を研究する英米国際問題研究所を設立するという構想がイギリス代表団とアメリカ代表団から生まれました。その構想は具体化するには至りませんでしたが、翌1920年にイギリス国際問題研究所がロンドンで創設され、1926年、勅許状を授与され王立国際問題研究所となります。その後、20世紀を通して世界各国で国際問題の研究機関が創設されますが、王立国際問題研究所はこれらの研究機関のモデルとして機能してきました。本部の建物名から〈チャタムハウス〉とも呼ばれます。

書籍、調査報告、逐次刊行物等、膨大な出版物
チャタムハウスは政策立案のための前提となる研究活動を活動の中心に据え、研究成果を公表するために精力的に出版活動を行なってきました。本データベースは、初期の年次刊行物や調査報告、重大事案に関連してその時々に発行されてきた書籍・パンフレット、そして『International Affairs』『The World Today』のような逐次刊行物を収録することで、創設以来のチャタムハウスの研究活動の全貌を伝えます。

当時の雰囲気を伝える音声記録付の講演会の記録
研究、出版活動と並び、チャタムハウスが精力的に実施したのが、世界各国の学者、政治家、外交官、官僚、マスコミ関係者、経営者、NGOを招聘した講演会やフォーラムの開催です。本データベースは講演やフォーラムの逐語録を収録するだけでなく、当時の雰囲気を臨場感をもって伝える録音記録(1966年以降)を検索可能な逐語記録とともに収録します。


プラットフォームの特色とツール

翻刻つき音声ファイル

1966年以降の会議について、音声データを検索可能な逐語記録とともに収録しています。音声ファイルのダウンロードも可能です。

多彩な検索方法

国・地域・日付・主題・著者/講演者の国籍・言語・資料種別・オーディオの有無・チャタムハウスルール適用の有無等で検索ができます。

関連データベース

脱植民地化:旧英国植民地・英連邦における政治・独立運動

本アーカイブは、ロンドン大学コモンウェルス研究所など3機関の所蔵資料より、20世紀後半の英国植民地の独立運動・労働運動・政治運動に関する史料群を提供します。その際、被植民地側の視点に立った歴史認識に寄与すべく、各運動を推進した被植民地側の指導者、政治団体、政党が残した記録を収録することに努めました。

アメリカ政府機密指定解除文書集

アメリカ連邦政府の機密指定解除文書約150,000件を搭載、フルテキスト検索を実現するアーカイブです。毎年5,000件の文書がサプルメントとして追加されます。連邦政府省庁の機密指定解除文書を提供するコレクションとしては最大規模を誇る電子リソースです。

英高級紙『タイムズ』歴史アーカイブ 1785-2019年

創刊以来200年以上にわたり、イギリスを代表する高級紙として絶大な信頼と影響力を誇る『タイムズ』の1785年創刊から2019年まで全号をデジタル化したデータベースです。

英国情報機関の機密解除文書シリーズ

政府通信本部(GCHQ)、保安局(MI5)、国防省、内閣府、植民地省、特殊作戦執行部(SOE)などの機密解除資料を通じて、20世紀英国の諜報機関による情報戦が大英帝国・コモンウェルス内外の政治や戦闘に果たしてきた役割に迫るデータベース・シリーズです。