Gale In Context シリーズ共通の特色

 

  • トピックページ単位のわかりやすい構成
    「トピックページ」とよばれる主題ごとのポータル形式のページに資料がまとめられ、問題の概説をはじめ、資料の種別ごとにまとめられた関連資料が一覧しやすい形式で表示されています。
  • マルチメディアを多用したウィブサイト設計
    ホームページには最新の話題に沿った複数のトピックが大きなスライドショー画像とともに紹介され、学生の好奇心を刺激します。これらのトピックは定期的に変更され、ユーザーを飽きさせません。
  • 学生のワークフローにあわせた様々な機能
    検索アシスト機能、ハイライト・注釈機能、自動翻訳機能、音声読み上げ機能、読解レベル表示、Google Drive・Microsoft OneDriveとの連携など多様な機能でワークフローを支えます。
  • Gale Power Searchによる横断検索
    Galeの横断検索プラットフォーム「Gale Power Search」でデータベースを横断検索することができるため、特定のトピックやニーズに沿った資料を簡単に一覧することができます。また、Gale Academic OneFile や Gale eBooks のご導入機関は、それらとも合わせて検索できます。

Gale グローバルスタディーズ データベースパッケージ

日本独自企画による、下記の3データベースのパッケージです。詳しくはこちらをご覧ください。

プラットフォームの特色とツール

トピックページ構成

重要なトピック毎に特集ページが組まれ、レファレンス、新聞・雑誌記事、統計、動画、画像、一次資料などの多彩なコンテンツが種別ごとに整理されています。

モバイル対応

モバイル・レスポンシブなサイト設計で、タブレット、スマートフォンなどの携帯端末のブラウザからもストレスなくアクセスできます。

自動翻訳機能

本文をワンクリックで42ヵ国語に機械翻訳できます。英語に抵抗のある学生や留学生に便利です。

横断検索に対応

Gale OneFileGale eBooksGale InContext などのコンテンツを横断検索できる Gale Power Search に対応しています。

»