激動の中国近現代史を貴重な英文資料でたどる

China and the Modern World シリーズは、近現代史における中国と西欧との複雑なかかわりを、世界の著名な所蔵機関からの貴重な資料をもとにたどるものです。19世紀から20世紀半ばまでの約150年間の激動の中国を対象としています。コンテンツは中国国家図書館、第二歴史檔案館、大英図書館、英国国立公文書館等から提供され、書籍、手稿、雑誌、書簡、写真など多岐にわたります。OCR(光学文字認識)技術に加え、一部19世紀の手書き資料にはHTR(手書き文字認識)技術も適用しています。

  • Missionary, Sinology, and Literary Periodicals, 1817–1949 は19世紀~20世紀前半に外国人宣教師、東洋学者、中国人知識人、教育者らによって発行された英文雑誌を通じて東西の文化交流史、西洋思想の受容と反発、帝国主義とナショナリズム等について現地視点から考察します。
  • Records of the Maritime Customs Service of China 1854–1949 は外国人によって運営された清朝・民国の政府機関である中国海関の内部文書を通じてその実態と功罪を検証します。
  • Diplomacy and Political Secrets, 1869-1950 は英領インドを管轄した旧インド省による中国関係の諜報文書から、新疆・チベット・雲南等の辺境地域の実態や現代中印関係の起源にせまります。
  • Hong Kong, Britain and China 1841-1951 はイギリスによる香港植民地統治の最初の100年余を手書き文字認識(HTR)技術を適用した旧植民地省資料の文書群を通じて再考します。
  • Imperial China and the West Part I, 1815–1881 は、イギリス外務省文書の対中国一般外交文書(FO 17)を電子化し手書き文字認識(HTR)技術を適用するプロジェクトの第1部です。
  • Imperial China and the West Part II, 1865–1905 は、イギリス外務省文書の対中国一般外交文書(FO 17)電子化し手書き文字認識(HTR)技術を適用するプロジェクトの第2部完結編です。

 

早稲田大学教授 本野英一先生オンラインセミナー
「イギリス人の目から見た〈中国屈辱の百年〉の始まり」(録画)

イギリス外務省文書を使い、社会経済史の観点から英中関係を分析してこられた早稲田大学教授 本野英一先生をお迎えして、中国「屈辱の百年」のもう一つの歴史についてオンラインでご講演いただきました。こちらの特設ページもあわせてご覧ください。

 

京都大学准教授 村上衛先生 オンラインセミナー
「海域史・華人史研究からみたFO17の重要性」(録画)

海の民に視点を定めて中国近代史を読み替えてこられた京都大学准教授 村上衛先生をお迎えして、新しい近代中国像をご紹介いただくとともに、イギリス外務省文書「FO 17」の史料的価値についてもお話しいただきました。こちらの特設ページもあわせてご覧ください。

 

Gale社員によるシリーズ紹介ウェビナー録画
 


プラットフォームの特色とツール

OCR(光学文字認識)

歴史的な印刷文献の全文検索を可能にするOCR(光学文字認識)技術を適用。フルテキスト検索、検索語のハイライト表示はもちろん、原本画像との並列表示やテキスト形式でのダウンロードも可能です。

用語の出現頻度

特定の語句が出現する検索結果の分布を、年代順の折れ線グラフにして表示する機能です。複数の語句の出現頻度を比較したり、語句が集中している年代を特定したりするのに便利です。

横断検索

Gale 一次資料データベース群の統合検索プラットフォーム Gale Primary Sources に対応。他の契約データベース群と横断検索することで、思いもよらない関連資料を発見することができます。

テキストマイニング

オンライン上で直感的にテキストマイニングを行なえる別売プラットフォーム Gale Digital Scholar Lab に対応。OCRテキストを使った統計分析・自然言語分析が可能となり、新たな発見の可能性を広げます。

もっと詳しく »