ホーム > 一次資料アーカイブ (Primary Sources) > 英国旧植民地省アジア関係文書

State Papers Online Colonial: Asia

シリーズは英国国立公文書館が所蔵するイギリスの旧植民地省の東アジア・東南アジア関係文書を4パートにわけて提供するものです。全体は4つのパートで構成され、第1集は「東アジア、香港、威海衛(Far East, Hong Kong, and Wei-Hai-Wei)」、第2集は「シンガポールと英領ボルネオ(Singapore and British Borneo)」、第3集は「マレー連合州と海峡植民地(Federated Malay States and Straits Settlements)」、第4集は「セイロン(Ceylon)」で、地域的にはインド省の管轄下に置かれたインドとビルマを除くインド以東のアジアを対象とします。

長く内政と外交を管轄する国務大臣の下に置かれていた植民地行政は、1768年の植民地担当大臣職の創設により、専任大臣の管轄下に置かれるようになりました。1782年の行政機構改革により国務大臣職は廃止され、内務省と外務省が創設され、植民地行政は内務大臣の管轄下に置かれました。1801年には陸軍・植民地担当国務大臣に移管されます。そして、1854年に陸軍と植民地の行政機関が分離し、植民地行政は植民地のみを管轄する植民地省によって担われるようになりました。18世紀後半から19世紀半ばにかけて、内政、外交、軍事から分離独立した植民地行政が形を整え、さらにその後、世界の広大な地域が英領植民地としてイギリス帝国に編入されるに伴い、植民地省は規模と権限を拡大、帝国行政を支える基幹行政機関となります。しかし、第二次大戦後の脱植民地化の中で植民地省とコモンウェルス省が合併し、コモンウェルス省となり、さらに外務省とも合併する中で、植民地省は歴史的役割を終えます。

本データベースは東インド会社が独占的な貿易に従事していた植民地省創設以前の近世から、植民地省が有力な政府機関としてイギリス帝国の植民地行政を担った帝国主義時代を経て、脱植民地化の時代に至る文書群を収録し、HTR(手書き文字認識)・OCR(光学文字認識)によるフルテキスト検索を可能にすることで、400年にわたる英国のアジアとの交渉の歴史に植民地統治の視点から光を当てる画期的な電子リソースです。

収録文書は、植民地統治、植民地の周辺地域の国際情勢、植民地住民の生活実態を克明に記録します。英国による植民地統治の実情だけでなく、英領植民地でない国・地域の動向をも記録する文書群として、英国政府文書としては外務省文書と双璧をなすものです。東アジアの英領植民地は、最も拡張した時代でも香港、シンガポール、マレー半島等、一部の地域に限られました。その外部の中国、朝鮮、日本等の国々は政治的には主権を維持しつつ、経済的にはイギリス帝国の圧倒的影響下に置かれていました。とりわけ広大な市場である中国の動向には植民地省も無関心ではいられませんでした。収録文書には、これらの英領植民地以外の地域事情に関する多くの文書が収録されています。

中国をはじめとする東アジア地域の従来の歴史研究においては、英領植民地を対象とする場合を除けば、主として外務省の文書が利用されてきました。植民地省のアジア関係文書が包括的に電子化され、広く利用されるようになることは、これまで外務省文書によって描かれてきた英国とアジアの交渉史を再検討することに繋がります。同じイギリス帝国の行政機関でありながら、対外政策を巡り角逐することもあった植民地省の文書と外務省の文書を突き合わせることによって、新しい東アジアの歴史像への道が切り開かれます。

 

  • 第1集:東アジア、香港、威海衛  State Papers Online Colonial: Asia, Part I: Far East, Hong Kong, and Wei-Hai-Wei《2022年9月既刊》

  • 第2集:シンガポールと英領ボルネオ  State Papers Online Colonial: Asia, Part II:  Singapore and British Borneo (Singapore and East Malaysia)《2023年~2024年予定》

  • 第3集:マレー連合州と海峡植民地  State Papers Online Colonial: Asia, Part III:  Federated Malay States and Straits Settlements (West Malaysia)《2024年~2025年予定》

  • 第4集:セイロン  State Papers Online Colonial: Asia, Part IV:  Ceylon (Sri Lanka)《2025年~2026年予定》


《第1集の詳細カタログはこちら》
英国旧植民地省アジア関係文書 カタログ表紙

《本データベースについてのウェビナー録画を見る》
英国旧植民地省アジア関係文書 ウェビナー
(約39分、字幕・チャプターあり・スライドはこちらから)


既刊モジュール

関連データベース

中国近現代史シリーズ

近現代史における中国と西欧との複雑なかかわりを、世界の著名な所蔵機関からの貴重な資料をもとにたどるシリーズです。OCR(光学文字認識)に加え、一部の手書き資料にはHTR(手書き文字認識)も適用しています。

脱植民地化:旧英国植民地・英連邦における政治・独立運動

本アーカイブは、ロンドン大学コモンウェルス研究所など3機関の所蔵資料より、20世紀後半の英国植民地の独立運動・労働運動・政治運動に関する史料群を提供します。その際、被植民地側の視点に立った歴史認識に寄与すべく、各運動を推進した被植民地側の指導者、政治団体、政党が残した記録を収録することに努めました。

近世英国国務文書・関連文書シリーズ(SPO)

近世英国国務文書・関連文書シリーズ(SPO)は、英国国立公文書館の所蔵する近世イギリスの内政・外交に関わる国務文書を中心に、他機関の関連文書を合わせて電子化する一大シリーズです。

19世紀史料集成(NCCO)

19世紀史料集成(Nineteenth Century Collections Online, NCCO)は、18世紀後半から20世紀初頭までの〈長い19世紀〉を対象とし、世界各国90か所以上の所蔵機関の協力のもと、様々な地域・テーマ・媒体を含む270以上の専門コレクションをデジタル化、12の主題別ユニット(アーカイブ)に分けて学術機関に頒布する一大出版企画です。

プラットフォームの特色とツール

OCR(光学文字認識)

歴史的な印刷文献の全文検索を可能にするOCR(光学文字認識)技術を適用。フルテキスト検索、検索語のハイライト表示はもちろん、原本画像との並列表示やテキスト形式でのダウンロードも可能です。

用語の出現頻度

特定の語句が出現する検索結果の分布を、年代順の折れ線グラフにして表示する機能です。複数の語句の出現頻度を比較したり、語句が集中している年代を特定したりするのに便利です。

横断検索

Gale 一次資料データベース群の統合検索プラットフォーム Gale Primary Sources に対応。他の契約データベース群と横断検索することで、思いもよらない関連資料を発見することができます。

テキストマイニング

オンライン上で直感的にテキストマイニングを行なえる別売プラットフォーム Gale Digital Scholar Lab に対応。OCRテキストを使った統計分析・自然言語分析が可能となり、新たな発見の可能性を広げます。

もっと詳しく »